接触性皮膚炎になった話 2

朝、目が覚めてお肌の状態を確認しました。

まぶたまで腫れてる!!

だめだ・・・もうこれは病院行かないと・・・。
と立て込んでいる仕事は諦め病院に行きました。

呼ばれるのはもちろん一番最初。
先生「化粧かぶれですか~?どの辺が・・・あ~」
説明するまでもなく見て分かりますよね。
・アレグラを飲んだこと
・どの化粧品を使ったのか
を説明しました。
現品持参です。
もっと細かく聞かれると思ったのですが、いつもと違うのはどれかだけでよかったみたいです。

薬飲んで軟膏をつけるように指導されました。
メイクはしたらダメですか?との質問はにべもなく一刀両断です。

バリア機能が復活していない状態つけたら今までつけていたものもダメになってしまう

と言われました。
そりゃそうか・・・。

そこで気になるのが顔の色でして。
わたしの顔ってどす黒いんですね。
茶色いって言うか。
赤茶色いっていうか。
炎症をおこしてて赤みはあるのはそうなんですが、もともとくすんでるっていうののかな、毛穴が汚れてる(色素沈着を起こしてる?)から顔だけ茶色いんです。
だから隠したいんですよ。
今まで必死に隠していたんですよ。
それができないとか・・・もうわたしが色白っていうイメージがみんなの中から払拭されていくのが想像できました。
憂鬱。
とは言っても、鏡見るたびに笑っちゃいます。
木のお面つけてるみたいで。
おでこは気持ち悪い感じになっているのであまり見ないでほしいと思いますが、他人って思っているより自分のことは気にしないって♪って開き直りました。

この辺で顔のくすみをどうにかしてやろうと本気で取り組む決意をしました。

処方されたのは
プレドニン錠5mg(朝:2、昼:1、夕:1)アレルギーと炎症を抑える薬
タリオン錠10mg(朝:1、夕:1)アレルギーを抑える薬
デルモゾール軟膏0.12%(1日2回塗布)湿疹・かぶれ・炎症を抑える薬
でした。
軟膏はどれだけつければいいの・・・?と聞けばよかったのですが、説明書に書いてあるかなって思って聞きませんでした。
(残念ながら説明書には書いてありませんでした)

早速、車の中で薬を飲みます。
顔を洗って軟膏を塗りたかったので、いったん家へ帰りました。

軟膏は人差し指の第一関節から指先へ真ん中程度までの量を手のひらに伸ばしてからハンドプレスします。
会社に行き、眉間とかピリピリしてしまって追加で指先につけてこすらないようにトントンと塗ります。
乾燥するよりいいかなって思って厚めにしました。

ネットで適量ってどれくらいだって調べても言う人それぞれ違うので困りました。
少ない量をチビチビ使って刷り込むより、こすらない程度につけられる量をつければいいか、というところに落ち着きました。
なにせ刷り込むとか肌に負担がかかりそうで無理なので・・・。
そう考えると化粧品と同じですよね♪

まだ赤みは引かないですし、おでこの腫れも健在です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする