セラミドの種類とその効果

乾燥肌やアトピーの人たちが絶対にとったほうがいいとされている保湿成分の1つです。
皆さんがよく目にする保湿成分といえば、ヒアルロン酸、コラーゲン、大豆レシチン、エラスチンなど聞いたことがあると思います。
その中でセラミドという成分も聞いたことがあるのではないでしょうか。

セラミドの種類

動物性セラミド
馬由来や豚由来のものが有名。
同じ哺乳類のセラミドということで肌なじみがよく浸透力が高いのが特徴です。
植物性セラミド
米ぬか油、小麦胚芽油などから抽出した植物由来のセラミド。
植物由来ということで肌にやさしいイメージがあるものの、人のお肌の構成とやや異なるのでなじみづらく他のセラミドに比べて保湿力は弱め。
また、お米や小麦の食物アレルギーがある方は、それ由来のセラミドにはアレルゲンとなるのでオススメできません。
擬似セラミド(合成セラミド)
石油原料からセラミドに似た構造の保湿成分を化学合成したもの。
大量生産ができ安価なため、多くのセラミド配合化粧品に使用されていますが本物に比べて効果は薄いです。
ヒト型セラミド
人の皮膚に存在するセラミドと全く同質のものを酵母を利用して生成。
人のセラミドと同じ構造を持つので保湿力や浸透力が高く、肌が異物として判断することがないため刺激の心配もないので敏感肌やアトピー肌にも安心して使える一番のおすすめ。
成分表示ではセラミドの後に番号がつきます。

以上を比較すると、ヒト型セラミドが一番保湿力が高く、お肌の敏感な方にも安心して使うことができると思います。

積極的にとりたいヒト型セラミドの種類

一般的にお肌にトラブルのない方がとったほうがいいといわれているセラミド

セラミド2(セラミドNS 又は セラミドNG)
保湿機能をサポート
セラミド3(セラミドNP)
水分保持機能、シワの深さを軽減する機能
セラミド6Ⅱ(セラミドAP)
水分保持機能、シワの深さを軽減する機能、正常なターンオーバーを維持する

乾燥肌やアトピーの方はさらに優先的に取っていただきたいセラミド

セラミド1(セラミドEOS)
外部刺激からのバリア機能をサポート
乾燥肌やアトピーは外から受ける外部刺激に対応することができない状態になっています。

外部刺激から先に守らないと炎症が起きてしまいます。
そうするとスキンケア自体ができなくなってしまいます。

うまくセラミドの性質を理解して自分のお肌に必要なものを取り入れていきましょう。

ヒト型セラミド配合の化粧品の詳しくはこちら

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする