化粧品検定2級の合格の秘訣

今更の報告ですいません。
化粧品検定2級合格しました


ひっそりと応援してくださっていた方がいらっしゃいましたら、この場を借りてお礼申し上げます。
ありがとうございます

さて、今日はこの化粧品検定2級が気になっている方や取ってみたいなって考えている方にその秘訣を教えちゃいます

化粧品検定の試験は正直言って、「対策問題集」だけやっておいても合格は難しいと思います。
これは他の人のブログやtwitterなどでそのように書いている人は多く、管理人も実感しました。
「対策問題集」のようにテキストに書いてあるそのままの文章で出題されることはほぼありません

しかし、問題集を解いてみてその解説を読むこと・テキストを見直すことはとても重要なことです。
間違えてしまった問題はもちろんのこと、自信がなくて正解してしまったものについても見直すことは必要です。
さらに誤りの選択肢のどこが正しくないのかを知ることはとても重要なことです。
なぜなら前述のとおり、試験はテキストに書かれてあるそのままの文章で出ることがないからです。
ひとつの問題に対していろんな方向からアプローチできることがとても大切だと感じました

話は変わりますが、管理人は勉強をするという習慣が学生のころからない人種でしたので(だから頭が悪い)大人になってもコツコツと勉強することができないんですね。
そこで管理人は考えました

強制的に勉強をできる状況に自分をもっていけばいいんじゃないか

・・・というわけで、日本化粧品検定協会認定の対策セミナーに行きました

化粧品検定対策セミナー

お金はかかってしまうのですが、行って損はないと思います
むしろお得です。
管理人は直前コースに行ってきました。
思う存分講師の先生にお尻叩かれました(ガチで叩かれたのではなくお尻に火がついた的な)
すごく焦って真剣に講習会を受けてきました

この対策コースのメリットはたくさんあって
暗記のコツを教えてもらえる
暗記が苦手なわたしにはありがたかったです。
若干無理がある覚え方もありましたが・・・(そこはご愛嬌ですね
先生が作った問題集がもらえる
どんどん難易度が高くなるので焦るので、勉強しなきゃって思えました。
復習のポイントのまとめを教えてもらえる
ポイントをおさえているのでラストスパートで見直しを含めてその部分はノートにまとめました
LINEでのフォローもばっちり
・・・などと、スクールによって違うかもしれませんが、管理人が行った「名古屋コステメティックカレッジ」はこのように至れり尽くせりでした
ね、お得でしょ

お尻に火がついた管理人がまとめたノートの一部をご紹介

字か汚いのはご容赦くださいマセ

ノートの最後のほうは、問題集を解いてみて「間違ったもの」「正解していたけど自信がなかったもの」を書き出して、文章内のどれが誤っているのかも書き出しました。
(そこは問題バレするので写真の掲載は控えています)

会社のパソコンに医薬部外品の成分と効果をメモしたものを貼って仕事中のふとした時間に見れるようにしてみたりしてました。
それは今も貼ったままにしています。
見ないと忘れていくので・・・

試験当日は、見たことのない問題が2問ありました
わたし的に見たことがないのでもちろん解答は適当です
試験終了後、テキストを見直したところちゃんと書いてありました
「受かったぞ」という手ごたえも「ダメだった・・・」という手ごたえもないまま岐路につきました。
先生からは「引っかけばかりだったと思います」とLINEが来ましたが・・・引っかけ問題なんてあったかなと不安になりました。

しかし!!
この1ヶ月後、管理人は合格証書を手にすることができました
ひとえに先生のアドバイスのおかげだと思っています。
絶対自分ひとりでは合格証書を手にすることはできなかったと思います

管理人の合格の秘訣はズバリ
「自分で勉強できないなら対策セミナーに行くのも手」
ということです

気になる方は良かったら試してみてください

ながながと読んでくださりありがとうございます